校長あいさつ

 まもなく人生100時代が到来すると言われている中、私たち教職員の使命は、日々の教育活動を通して子供たちを「幸せ」にすることです。子供たちが幸せに生涯を送れる基礎を培うため、「笑顔と幸せがあふれる滑川中学校」で三年間を過ごさせたいと思っています。この実現のため、失敗をおそれず未来に希望を持って取り組む生き生きとした学校、強い絆で互いに信頼しあい高めあえる学校、地域と連携しともに歩む学校をつくっていきます。

 そのためには、子供育成の原点を「授業にあり、授業で育てる」という精神で、学校の教育活動全体を通して、子供たちが健やかに成長できるよう全力で取り組みます。しかしながら、グローバル化が進み社会が急激に変化する中、学校のみの取組では不十分であり、家庭や地域の教育力に頼らなければなりません。そこで一町一校の強みを生かし、保護者の皆様、滑川町民の皆様のより一層の御支援・御協力をよろしくお願いいたします。

 

 今年度の学校教育目標と目指す生徒像は、以下のように設定いたしました。

 

 学校教育目標

 〜自信と誇りを持って行動できる生徒の育成〜

 ○学び考える生徒(かしこく)

 ○思いやりのある生徒(なかよく)

 ○すすんで心身を鍛える生徒(たくましく)

 

 目指す生徒像

 〜自信と誇りを持って高めあえる生徒〜

 ○失敗をおそれず、未来に希望を持って取り組み、自らの能力の向上を図ろうとする生徒

 ○自信と誇りを持って生活し、何事にも真剣に取り組む生徒

 ○規律ある生活の中で、相手を思いやることができる生徒

 ○豊かな人権感覚を持ち、より良い人間関係のもと、互いに協力しあえる生徒

 ○すすんで体を鍛え、自らの健康・体力を高めていく生徒

 

 

滑川町立滑川中学校長      八木原 利幸

 

校長あいさつ